• みどりの丘 ami emiko

思いや考えを言葉で表現できなかった私が・・・


こんばんは。

いつもお読み頂きありがとうございます。

Be-Pureヒプノセラピー協会で一緒に学んだ

いずみさんのブログを読み

<いずみさん、とってもまじめで、しっかり者!そして、笑顔がとっても素敵な方です!

今は、石垣島で看護師をしながらセラピストとしても活躍されています。

是非、いずみさんの変化をお読みください! >


https://ameblo.jp/izumi-haru/entry-12599263890.html

そして、

 以前の私ってどんなだったかな?

と自分を振り返ってみました。

以前の私は、友人数人と食事に行っても、

自分から話しをするという事があまりなく、

というか、ほとんどなく、

これは、後から知ったのですが、

友人に、いつも話しを聞くばかりで楽しんでいるのか心配だったと、、、

(その節は、ご心配おかけしました🙇‍♂️)

それぐらい、何も話しをしていなかったようです。

自分では気づいていなかったのです。

いや、気づいていても気づかないようにしていたのかも?

自分の中では、話しを聞いている時に、

   「そうなんだ〜」とか、

   「私もそう思うなぁ〜」とか、

   「ん〜そうなのか!」とか、

自分の心の中で話しをしていて、その思いを外に出す事がなかったのです。

それだけに止まらず、

それはいやだなぁ〜と思った時でも、

「それは、いやです!」とか、

「出来ません」とか

「私はこう思います。もう一度考えてみましょう」とか

そういった事も言えなかったのです。

例えば、

その相手が上司だとしたら、

 上司のいう事はきかないといけない。とか

嫁ぎ先での出来事だったりしたら、

 私が言ったら角が立つから。とか

色々と理由をみつけては、自分の思いを

言葉で表す、伝える事が出来なかったのです。

ある時、職場の上司との会話で

それは了解できない!という出来事が

あったのですが、

「それは了解できません。困ります!」と言い出せずに

話が進んでしまいそうになったことがあったのです。

その時が初めてでしょうか、

友人の助けもあり「それは困ります」と言うことが出来たのです。

心臓が口から飛び出すかと思うぐらいドキドキして、体中に力が入り、、、

その時のことは、今でも鮮明に覚えています。

そのようなことも経験し


しかし、今は・・・・・と言うと

友人と食事に行っても、話をしている自分がいたり、

職場でも、気が付くと思ったことを言っている自分がいます。

このように変われたのも、ヒプノセラピーと出会ってからです。

ある日突然変わったというのではなく、

気がついたら、今の私がここに!

そんな感じです。

ヒプノと出会い、私の中にある

言えなかった根本的原因となるものを、

少しずつ、ひとつひとつ解決してきたから。

まだまだ続く道ですが、一歩いっぽ進んで行きたい!

改めて、そう思うことができました。





ゆったりヨガ & ヒプノセラピー ami 「みどりの丘」 https://ameblo.jp/yoga-ami ヒプノセラピスト養成講座・催眠療法なら http://www.be-pure.or.

最新記事

すべて表示
みどりの丘

ami